読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは何ぞや?

「一粒万倍日」

という言葉を最近、宝くじ売り場でも見るようになりましたね。

この言葉だけでも、なんだか宝くじが当たりそうな気がします。

読んで字のごとく、「一粒が万倍にもなる日」。

正確には、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味です。
この開運日に購入したり、使い始めたりすると運気、金運アップに吉と言われています。

この一粒万倍日が、吉日と重なれば、その効果は倍増しますが、なにせ数が多いので、凶日と重なれば,その効果は、半減するといいます。

迷った時は、開運カレンダーをチェックしましょう。

 

「金は天下の回りもの」とは言え、放っておけば自然にお金が回ってくるとか、負け惜しみでこの言葉は、使いたくないですね。

 

無駄遣いせずに、財布にお金を保存しているだけでは面白くない。

お金の出し入れでいつもお世話になる財布が気になりますね。


お札を財布に入れる時には、お札の方向を同じ方向に揃えて入れるのは、私も実践していますが、しかし、そのお札を上向きではなく、逆方向(さかさま)に入れると、お金が出て行かないということを知りました。

「信じるものは救われる」ですね。実践してみましょう。

 

そこで、あなたの運気を変える開運の財布があるとか。

それが、開運財布製造販売50余年の歴史を持つ「財布屋」に注目。